10GbE(10Gbps)ネットワークを構築するのにおすすめな超激安スイッチングハブ「CRS305-1G-4S+IN」

10GbE環境導入ガジェット

 

実は私はこの商品を購入していないのだが、調べていたら見つけてしまったのである……その名も、CRS305-1G-4S+IN

CRS305-1G-4S+INのスペック

スペック表をごらんいただきたい。

  • 5 Port PoE-Switch
  • 1 x 10/100/1000 Mbit/s Ethernet Port
  • 4 x SFP Port
  • 802.3af/at PoE/PoE+ and 12-57 V passives PoE
  • RouterOS Level5

これを見ると一瞬「ん?SFPポート?」と思ってしまうのだが、説明をよく読んでみるとこれはSFP+であり、10Gbpsでの通信に対応しているのだ。

CRS305はコンパクトであるにもかかわらずとても強力なスイッチで、10Gbpsでの通信が可能となる4つのSFP+ポートを備えています。

MikroTik CRS305-1G-4S+IN

14,131円(08/10 10:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

イーサーネットケーブル(RJ-45)を刺すなら

RJ-45、イーサーネットケーブル(あまりこの言い方は適切ではないけれど)を用いるのであれば、SFP+をRJ-45に変換するアダプタが販売されている。Amazonだと、例えば以下のような製品である。

Amazonの価格だと高く見えてしまうが、fs.comの対応商品は6,400円程度だ。

ASUS 10Gネットワ ークアダプタ PCI-Ex4カード XG-C100C

ASUS 10Gネットワ ークアダプタ PCI-Ex4カード XG-C100C

12,990円(08/10 18:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

10GbEに対応したASUSのカードがだいたい13,000円程度で出ているので、一台接続するあたり、このコネクタとLANカードを購入して、20,000円程度で接続することができる。

仮にSFP+ですべてのネットワークをまかなうなら

SFP+ですべてのネットワークをまかなうという手もある。次のようなカードを購入し、SFP+ケーブルを購入すればよいのである。

これなら、併せて13,000円くらい。やはりAmazonは高い。ちなみに、ケーブルはfs.comだと、2,000円程度の製品から販売されている。また、SFP+のケーブルは非常に取り回しがしづらい部分があるため、fs.comあたりでケーブル部分を光ケーブル等ににするのも良さそうだ。

実際のところ、ケーブルやPCIe対応のカードはヤフオクなどを物色しているとよいものがでてくるのだが、スイッチ類はなかなか出てこない。その中で、CRS305-1G-4S+INはひとあたま抜けてコスパが良い。思わず買ってしまいたくなる。


執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。