VPN

VPN接続やプロキシを使い、そこで広告ブロックをすることのメリットは、同様の処理をクライアント側で実施するよりも軽く、かつ通信量を削減することが可能であるためだ。

サーバーサイドで広告をブロックする理由

もう少し詳しく書いて ...

Linux・Ubuntu Tips, 金盾対策, VPN

例えば80番や443番などしか通過させないようなプロキシが強制的に導入されている環境(たとえば会社や公衆無線LANサービス)では、通常のようにVPN接続を行うことが出来ない。

よく使われる方法は、softetherを用いる ...

Linux・Ubuntu Tips, プロキシ

443ポートは大変貴重なもので、例えば80番ポートと443番ポートしか空いていない公衆無線LANが存在しているとき、自宅のサーバーやVPSで443番ポートを経由してSSHやVPNへ接続することが出来ると、これ以外のポートを利用すること ...

VPN

iptablesを用いて透過プロキシの設定をする場合、よく目にする設定は80番ポートや443番ポートへのアクセスを全てsquidが動作しているポートへ転送する、というものである。
しかしこの場合、外部から来た通信も内部の通信も ...

プロキシ

squid3で透過型プロキシをたてるとき、標準ではSSL/HTTPSの通信の中身を確認することは出来ない。しかし、いわゆる「SSL Bump」という、Squidの中で一度SSLをほどき、そしてsquidで処理をし終わった後に再度SSL ...

VPN, プロキシ

普段はUbuntu上に構成したStrongswanを用いているのだが、さくらのVPSで構築したOpenVPNサーバーが意外と良かったので、今回はstrongswanでIPSecなVPNサーバーを構築していく。
なぜLibres ...

金盾対策

先日、UbuntuにOpenVPNを入れてみたが、入っているバージョンはかなり古いもので、なんと2.3.10であった。

# openvpn --versionOpenVPN 2.3.10 x86_64-pc-linux-gnu ...

金盾対策

これまでStrongswanを使用して、IKEv2やIPsecに対応したVPNサーバーを構築してきたのだが、OpenVPNサーバーはどんな感じなんだろうとおもってインストールしてみた。

OpenVPNをパッケージからインストール ...

金盾対策

中国の「金盾」を超える方法として、今回自宅のサーバーに以下の手法を取り入れてみた。

VPN接続(IKEv2)
VPN接続(IPSec)
ShadowsocksR(SOCKSプロキシ)

今回は、これらの環境 ...

金盾対策

中国では「金盾」によりTwitterやGoogleへのアクセスが禁止されている。これを回避するために、よく香港SIMの利用やVPNサービスの利用が謳われていたが、最近は「Shadowsocks」「ShadowsocksR」という、So ...