Home Assistant

記事通りの内容。加湿器は様々な製品が販売されているが、具体的に「湿度を何度まで上げたい」という形で設定出来る製品は(調べた限り)存在しない。また、いわゆる「自動設定」に対応している製品は結構値段が高い。ということで、今回はHome A ...

Home Assistant, Xiaomi

先の記事では「Xiaomi Smart Temperature and Humidity Sensor」を単体で使用する方法を紹介したが、今回はHome Assistantに接続し、さらに「Home Bridge」を用いてHomeKi ...

Home Assistant, Xiaomi

前回の記事で、「Xiaomi Gateway」はHome Assistantと使用する場合Zigbeeで接続されるソケットとネットワークを媒介する以外の役割を持っていないような書きぶりをした。

しかしよくよくHome As ...

Home Assistant, Xiaomi, ガジェット

先日の記事では、Xiaomi Mi Smart Homeを単独で使用する方法に関してレビューをした。

ただし、やはりXiaomi社のアプリだけで様々な操作を行うのは面倒だし、他のデバイスがあるのであればなおさらである。

Home Assistant

Home Assistantは、デフォルトでは8123ポートで動作をする。しかし、これではGoogle Assistant(Google Home)など連携することが出来ないため、443ポート/httpsで動作をするように設定を変更し ...

Home Assistant

Home assistantのオートメーションは、「trigger」「condition」「action」で構成されている。それぞれについてここで解説を加えておきたい。

trigger

オートメーションを発動させる条件。例え ...

Home Assistant

iRemocon Wi-Fiには、湿度・照度・温度のセンサーが付いている。
これらをHome Assistantに連携すると、「一定以下の湿度になったときにアラートをする」「空調を自動的に制御する」などが実施出来る。 ...

Home Assistant

例えば、「19度以下になったら自動的に暖房をオンにする」「24度以上になったら自動的に暖房をオフにする」といった機能があったら、どんなに素敵だろうか。
とくに朝起きるとき、常に暖房を予約設定していると暖かい日には電気代の無駄に ...

Home Assistant

Home Assistant(Hass.io)は、アドオンを入れることによってHomeKitやGoogle Home、Alexa(Amazon Echo)など様々なスマートホームプラットフォームに接続することが出来る。今回はアップル社 ...

Home Assistant

スマートリモコン(スマートフォンやPCから操作することが出来る万能リモコン)はいくつか発表されているが、私は昔から「iRemocon Wi-Fi」を使用している。今は「nature remo」などが有名であるが、私がこの商品を選択した ...