深セン

深センへの行き方はいくつか存在しているが、香港を経由するのがメジャーな行き方。

一方で、深セン航空という航空会社が、成田と深センを結ぶ直行便を飛ばしている。この直行便に一度乗ってみたいと思っていたのだが、予想以上にゴールデ ...

深セン

今日は深センの空港「深セン宝安空港」(深圳宝安机场 Shenzhen Baoan Jichang)をご紹介したい。以下の記事で記載しているとおり、成田からは直行便が一日一便就航されているが、利用した事例をあまり見聞きしていなかったので ...

小物

Indiegogoで、5インチのWindowsPC「Mini PC」の出資応募がスタートしている。正直、Indiegogoで出資を募っているものにはハズレもたまにあるため注意が必要なのだが、そのスペックに惹かれた&価格が非常に安いので ...

Home Assistant

Dyson Pure Cook Linkに限らずDyson Linkに対応している製品であれば、Home Assistantを経由することでIFTTTやIRKit等に頼らなくともSiriやGoogle Assistantに対応させるこ ...

BOOX Note

e-Inkディスプレイはとにかく割れやすい。私がかつて保有していたC67MLという端末は、わずか40cmほどの場所から落としたところe-Iinkが割れてしまったり、ちょっとしたものがディスプレイに当たって割れてしまったりと散々であった ...

BOOX Note

最近電子書籍関連の記事を書かなくなってしまったが、久々にe-Inkな端末を購入した。意外と話題になっている「BOOX Note」である。
今回は、Boox noteを「デジタルノート」として、及び「電子書籍端末」としてレビュー ...

BOOX Note

OnyXが新たに出したe-Ink搭載Android端末「Boox Note」を、電子書籍リーダーとして試してみた。
Androidを内蔵していることの魅力は、やはり様々なアプリを使用することができること。とはいえ、世の中に存在 ...

BOOX Note

Boox Noteに関しては、外観のレビューとKindleや自炊PDF閲覧に関するレビューを一気かつ乱雑に仕上げた。概ね使用に問題は無く、これまでのe-Ink搭載Android端末とは一線を画していると評価して良いだろう。

Home Assistant

Home Assistantを用いて、設定温度になったら自動的に冷房をオンにし、さらに設定温度を上回るもしくは指定時間経過した場合に自動的に冷房をオフにする、というオートメーションを組んでみた。

用意するもの温度センサー

SIM

世界中で使えるバーチャルSIM「AirSIM」を試す

AirSIMは、世界中で使用することのできるバーチャルSIM(クラウドSIMとかeSIMと呼ばれることもある)である。
バーチャルSIMとは、SIMカードが本来有している加入 ...