Ubuntu 16.04にPHP7.1/PHP7.2を入れ、php-fpmも入れ替える

Linux・Ubuntu TipsUbuntu, PHP-FPM, Apache

Ubuntu 16.04にはPHP7.1/7.2が入ってこない。ので、以下の手順で使えるようにした。

PHP7.1/PHP7.2用のリポジトリを登録し、インストール

これは非常に簡単。7.2を希望する方は7.2とすればOK。

add-apt-repository ppa:ondrej/php
sudo apt install php7.1-apcu\
 php7.1-bcmath\
 php7.1-cli\
 php7.1-curl\
 php7.1-fpm\
 php7.1-gd\
 php7.1-intl\
 php7.1-imagick\
 php7.1-mcrypt\
 php7.1-mbstring\
 php7.1-mysql\
 php7.1-pgsql\
 php7.1-sqlite3\
 php7.1-xml\
 php7.1-zip\
 php7.1-phpdbg

基本的には、これでphpの実行環境はphp7.1になるのだが、php7.0も環境としては残っている。気持ち悪い場合は消してしまおう。

php --version
PHP 7.1.33-1+ubuntu16.04.1+deb.sury.org+1 (cli)

php-fpmをPHP7.1用に入れ替える

PHP7.1-fpmの設定変更

以前の記事でも記載をしていたが、php-fpmの設定をphp7.0と同様に行っていかなくてはならない。

まず、/etc/php/7.1/fpm/pool.d/www.confを開き、ソケットで待ち受けている設定を変更する。

listen = 127.0.0.1:9000

今度は/etc/php/7.1/fpm/pool.d/www.confを開き、listenそれ自体をやめてしまおう。このあと、a2dismodでこれ自体が起動しないようにしてしまうのだが、一応のおまじない。

php7.1-fpmへpmp-fpmを入れ替える

実は今、php7.0-fpmとphp7.1-fpmが共存している形となっている。これは若干面倒なので、まずphp7.0-fpmは自動起動をしないようにしてしまおう。

逆に、php7.1-fpmの自動起動を有効にしておく。

systemctl disable php7.0-fpm
systemctl enable php7.1-fpm

これで、php7.1-fpmのみが起動するようになった。

Apacheの設定を変更する

続いてはApacheの設定変更。といっても、a2enconfでphp7.1-fpmを有効にたら終わり。

a2enconf php7.1-fpm
a2disconf php7.0-fpm

このように、phpinfo()でも、PHP7.1となっていることが分かる。

これにて一件落着。PHP7.2も同じ手順にすれば良い。

執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。