OBSの配信をWebカメラ化し、TeamsやSkype、Zoomに出力することができる「VirtualCam」はテレワークに便利

カメラ・YouTube動画制作, Windows関連ガジェット, Webカメラ, YouTube用機材

 

OBSは非常に便利な配信ソフトウェアで、HDMIキャプチャボードから映像を拾うだけではなく、そこにさまざまなものを合成して載せることが可能だ。
シーン機能を用いれば、例えば「退席中」のときは画面に「退席中」という文字を表示させる、プレゼンをするときには、ピクチャインピクチャで画面の下に自分が写っているようにする……など、様々なものを合成したりすることができる。

今回は、このOBSを「OBS-VirtualCam」を使って、実際にOBSからこれらの配信をTeamsやZoomへと出力してみたい。

OBSとOBS-VirtualCamをインストールする

OBSについて多くを語ることはしない。以下よりダウンロード&インストールをすれば問題はないだろう。

OBS-VirtualCamは、以下よりダウンロードが可能だ。「Releases」の最も新しいものを選択しておけば問題はない。私がみたときには、OBS-VirtualCam 2.0.4であった。

画面の下部にインストーラー形式での配布が行われている(OBS-VirtualCam2.0.4-Installer.exe等)ので、こちらからインストーラーをダウンロードし、インストールをしよう。

OBS-VirtualCamを設定する

OBS-VirtualCamの設定は極めて単純である。まず、OBSの「ツール」から「VirtualCam」を選択しよう。

次に、設定画面が表示される。

それぞれについて簡単に説明すると、次のような形だ。

オプション内容推奨設定
AutoStartOBS起動時にVirtualCamを自動起動する場合、チェックチェック
Horizontal Flip映像を反転させるアプリ次第(詳細はこちら
Keep Aspect Ratio縦横比を維持不要

続く、Target Cameraには、配信先とするカメラを設定する。OBS-Camera~OBS-Camera4(インストール時の設定による)をターゲットとして選択することが可能だ。

最後の、BufferedFramesは、環境を見ながらではあるものの、音とのズレが発生する可能性を考えると、0としておくのが妥当であろう。まあ、ビデオ会議であれば大きな音ズレ(リップシンク)はあまり大きな問題とはならないと思うが……。

ここまで終えたら、「Start」をクリックして、OBS Cameraをスタートしよう。

実際にOBS VirtualCam経由でTeamsとZoomに配信してみる

OBS VirtualCam + Teams

OBSの画面はこんな感じである。

一方、OBS-Cameraでは、このように写る。

反転しているように見えるが問題はない。これあくまでも、iPhoneの自撮り等と同じように、鏡のような動作をするためにTeamsが自分のビューだけを反転させているためである。

OBS VirtualCam + Zoom

続いては、こんな形で、「離席中」が表示されているものを使う。

Zoomではこんな形に写る。これも、反転してしまっているが、別の人から見れば通常通りに表示されているので、安心して問題ない。

例えばプレゼンの中にワイプを入れて自分の顔を表示させたり、クロマキーを使ってOBSで合成をする等、OBSの様々な機能をウェブカメラとして使用することができるのは、快適なテレワークにも使えそうだ。


執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。