【レビュー】Zhiyun WEEBILL LABはコンパクトで最強のミラーレス用ジンバル オススメの使い方紹介

カメラ・YouTube動画制作ガジェット, カメラ, YouTube用機材

Zhiyunのミラーレス一眼対応ジンバル「WEEBILL LAB」をPanasonic GH5と使う

このたび、Zhiyunから販売されている最新の一眼レフ用ジンバルである「WEEBILL LAB」を購入した。

ZHIYUN WEEBILL LAB

ZHIYUN WEEBILL LAB

79,800円(04/22 00:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

今回は、本ジンバルについて簡単なレビューと、ジンバルを使用して撮影してみた動画の紹介をしたい。

WEEBILL LAB

WEEBILL LABは、これまでの一眼・ミラーレス用ジンバルよりも大幅な小型化に成功しており、また複数の便利な機能が存在している。

カメラの固定が楽になった

これまで、ミラーレス用のジンバルを用いる場合、一番ネックなのはカメラの固定であった。というのも、多くの製品がカメラに固定をする際にはジンバルにネジ留めをする必要があったためである。
しかし本製品は、カンタンに着脱が出来るホットシューを採用しており、カメラ本体には付属のプレートを付ければ終わりである。

これをWEEBILL LAB本体に装着するときに必要なことは、WEEBILL LABにあらかじめ搭載されているホットシューのボタンを押しながらマウントするだけだ。
これは地味に便利で、WEEBILL LABを使った撮影と、WEEBILL LABを使わずにカメラのみで撮影するスタイルをカンタンに切り替えることが出来る。

ロックボタンが付いており、カメラをWEEBILL LABに固定するのが楽

WEEBILL LABにはロックボタンが搭載されている。

このロックボタンを用いると、WEEBILL LABの回転三軸をそれぞれ固定することが可能であり、カメラにマウントするときには全ての回転をロック、その後左右のバランスを取るときには一軸のロックを解除してバランスをとり、その後前後のバランスを取るときにはそれに対応する一軸のロックを解除して……と、カンタンにバランスを取ることが可能である。

また、先述の通り、バランスを取った後にWEEBILL LABからカメラを着脱するのは非常にカンタンなので、一度バランスを取ってしまえさえすれば、利用するときはカメラを装着してすぐに利用をすることが可能だ。
もっとも、レンズを変えたときには前後方向のバランスをもう一度取り直す必要があるが、これもロック機能を用いればすぐに行うことが出来る。

コンパクトに収納可能

先のロック機能とも被るのであるが、ロック機能を用いることで、WEEBILL LABをコンパクトに収納することが出来る。
例えば、こんな形でWEEBILL LABをコンパクト化することが可能だ。

この収納をすると、なんとPeak Designの20Lにも収納が出来てしまう。

三脚穴がふたつ存在しており、ツースタイルで利用出来る

WEEBILL LABは、ジンバル底面のほか、側面にも三脚穴(3/4ネジ)が搭載されている。そのため、この部分に付属している三脚をつけることで、写真のような撮影スタイルでも使うことが出来る。

この撮影モードを使うと、よくテレビで行われているような地面から上へ向かって撮影をし、なめらかな映像を撮影することや、地面を這うような撮影方法(クレーン撮影)も可能である。これは非常に魅力的なのではないか。

なお、通常通りかまえて利用する際には、なれれば延長のロッドを利用しなくても使用することが出来る。多少重さがずっしりと手に入る形となるが、丸一日利用し続けてもとくに問題は無かった。また、多少乱雑な扱い方にはなってしまうが、ジンバルをカメラに固定したままカメラのストラップを身体にまとい持ち運ぶことも可能である。カメラのストラップを頻繁に着脱することになるので、PeakDesignの製品を用いるのがオススメである。

WEEBILL LABで実際に撮影していた

今回は、WEEBILL LABを持って香港で撮影をしてみた。
使用している機材はPanasonic GH5と8-18mmレンズ、及び12mm単焦点レンズ。



Panasonicの8-18mmレンズは、8mmmで手振れ補正をオンにしておくと、背景がコンニャクのように歪んでしまう現象が発生する。そのため手振れ補正はオフにしなければ動画として使い物にならなくなってしまうのだが、手振れをオフとするとブレブレとなってしまって非常に使いづらい。従って、このレンズを使う際には、強い筋肉かジンバルを用いるのが必須だろう。

以下が、撮影した動画。

旅行への持ち運びという点においても、Zhiyun WEEBILL LABは荷物としてもさほど重くなく、また着脱したままストラップでぶら下げておけばいつでも撮影が可能となるので、意外と機動力も高い。それでいて安定した画像を撮影することが出来るので、なめらかな動画を撮影したいというのであれば是非ともオススメの商品である。

ZHIYUN WEEBILL LAB

ZHIYUN WEEBILL LAB

79,800円(04/22 00:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。Twitterはこちら。お問い合わせ先などは、こちら