RX0II(DSC-RX0M2)で小型ジンバル「Feiyu G6」を使う

カメラ・YouTube動画制作, デジタルガジェットカメラ, YouTube用機材, RX0M2, RX0II

最近RX0IIを購入した。画質が素晴らしく良く、また手振れ補正をオフにすることによって相当な広角となるため、気軽に映像を撮影したいシチュエーションではバッチリな商品である。

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

82,503円(05/16 18:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

一方で動画を撮影する際にネックとなるのはジンバル。以前下記の記事において、Feiyutechより発売されているG6というジンバルを紹介していた。

GoPro用ジンバル「Feiyu Tech G6」を試す(レビュー?)
先日中国へ旅行に行っていたのだが、持っていったジンバルが旅行中に破損するという悲し意出来事が発生してしまった。しかしここは中国、数々のジンバルを産みだしてきたジンバルの名所である

既に3万円を切っており、かつジンバル性能は優秀ながら非常に小型、という大変に優れた商品である。実は、本商品は先代のRX0には対応しているのだが、RX0II(RX0M2)への対応は明言していない。今後、専用のアダプタが発売されるような気がしないでもないが、一応の使用方法を見つけたのでご紹介。

まずはRX0用のアタッチメントを購入し、GoPro用アタッチメントと交換する

Feiyu G6では、純正ではGoPro用のアタッチメントが付いている。しかし、こちらには、RX0用のアタッチメントが存在している。こちらを購入しないことには始まらない。

こちらに交換すると、次のような形となる。

RX0用アタッチメントに、振動吸収用のマットやゴムを敷く

これは、別にどれでも構わない。Amazonでいくつか適当に購入し、合うものを選択すれば良いだろう。
ただし、RX0II(RX0M2)とアタッチメントはカメラネジで接続されるため、厚さには注意が必要だ。ゴムであると伸縮性がなく厚さで苦労する可能性が高いため、マットをオススメする。

私は、そのへんに転がっていたカメラ用の保護材を切り抜いて使用した。

上記は仮止め段階なのでテープを貼っているが、両面テープで留めるのがよさそう。

RX0II(RX0M2)を装着し、フリップスクリーンをフリップした状態で起動

RX0II(RX0M2)を装着して起動しよう。実は、マットを敷かない状態でRX0II(RX0M2)を起動すると、Feiyu G6ジンバル本体の振動がダイレクトにRX0IIまで伝わってしまい、モーター音がものすごいことになる(当然、モーターにそれだけの負荷がかかっているということではあるが)。その点を上記のマットで和らげる算段である。

また、この際フリップスクリーンをフリップした状態で起動するのが重要である。フリップしない状態で起動すると、その状態からフリップすると高確率でモーターが根を上げるのに対して、フリップをした状態で起動し、フリップを元通りに戻した場合には、このような動作が発生しない。

ジンバルのモーター音がするときの対処法

モーター音や振動が発生する場合には、Feiyu G6ジンバルを左右に振ってみよう。そうすると、ジンバルがバランスを取り戻し、正常に動作するようになる。

また、ジンバルの位置をきちんと調整する必要もある。RX0マウントの場合、ネジ穴の位置でRX0II(RX0M2)の位置を調整できるほか、ジンバル本体でも左右のバランスを調整することができる。これらを使用してベストバランスを導き出すと、それだけで動作はかなり快適となる。

実際に気になるのは、小さなモーター音がカメラ内部の音声を拾ってしまう可能性があることである。これに対しては、後日検証をすることとしたい。その場合には、下記のようなアタッチメントを付け、外部マイクを装着するという手もアリだ。

今回紹介した商品

執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。