RX0II(RX0M2)の動画オートフォーカス問題(AFCがない問題)に対してはプリセットフォーカスを使いこなせ

カメラ・YouTube動画制作カメラ, RX0M2, RX0II

ソニーから発売されたRX0II(RX0M2)には、AFC(コンティニュアスAF)が搭載されておらず、AFSしか使用することが出来ないように見える。従って、例えば自撮りをしたあとに風景へと切り替える際には、一度録画をストップしてからもう一度再開する…などが必要となる。
また、風景から近くのものに近寄る……という動作をしたときには、当然風景にフォーカスが固定されてしまうため、近場に近寄った際には、一度録画を停止し、近くのものに改めてフォーカスを合わせた後に録画を再開しなくてはならない。

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

82,503円(05/16 18:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

プリセットフォーカスを使いこなせ

AFCが搭載されていないために発生する上記の問題は、プリセットフォーカスを利用することで対処することが可能だ。

プリセットフォーカスには、「NEARモード」と呼ばれる0.5m〜1mの撮影に適したモードと、1m以上離れた場所の撮影に適したモードの二種類が存在している。
また、NEARモードは、0.5m-1mと呼称しているものの、実際には0.3m程度からフォーカスを合わせてくれる。従って、自撮りの際や近くを撮影する場合にはNEARモードに設定し、風景を撮影する際にはNEARモードを解除する……といった運用を行うことが可能である。

そして、このNEARモードのオンオフは、録画中でもボタンひとつで行うことが出来る。このプリセットフォーカスを使いこなすことによって、RX0IIのオートフォーカス問題は解決出来そうだ。

プリセットフォーカスの設定方法

まず、ファンクションキーを押し、フォーカスモードを変更する。AFSとなっている部分をクリックしよう。

その後、「AFS」「マニュアルフォーカス」「プリセットフォーカス」の3つからフォーカスを選択することが出来る。ここで、プリセットフォーカスを選択しよう。

プリセットフォーカスでは、ボタンをクリックするとNEARモードとNEARモードの解除を行うことが可能だ。これを使うことによって、プリセットフォーカスの変更を行うことが出来る。

プリセットフォーカスのNEARモードが有効な場合には、画面に「NEAR」という文字が表示される。

プリセットフォーカス実際の動作

以下の動画はOsmo Pocketとの比較動画となっているが、RX0IIはプリセットフォーカスのNEARモードとその解除のみを使い、AFSは使用していない。プリセットフォーカスのみで運用することも十分に可能であることを示しているのではないか。

とはいえ、花や物体により寄って撮影をする際には、AFSの利用は不可欠だ。撮影したいものや場所、撮影に対する意気込み次第でフォーカスを変更して運用することが、RX0IIを動画機として使用する場合には求められているように思える。

執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。