QRコード決済(WeChat)対応の自販機を試す@中国

デジタル文化中国, QR決済・キャッシュレス社会

中国のQRコード決済ことアリペイとWeChat。最近様々なところでWeChatPay(微信支付 ウェイシンジーフー)に対応した自販機を目にすることが多くなってきた。
自販機の利用シーンを撮影してきたので、ご紹介。

自販機自体にQRコードがデカデカと…


自販機の一番上に、デカデカとQRコードが出ている。


紙幣やコインを入れる場所もある

QRコードをスマホで撮影


スマホを使用して、QRコードを撮影してみた。すると、


WeChatが起動して、自販機に装填されているのと同じ商品がスマホに表示される。
言ってしまえば、JR東日本が出している前面液晶パネルの自販機が、スマホの中に収まっているような感じ。

商品を選択する


商品を選択すると確認画面(広告がデカい)が出てくる。下にある購入ボタンを押すと、


金額と引き落とし口座を確認し


決済が進み


WeChat Payで決済に成功した。

商品の取り出し

WeChat Payでの決済成功からちょっと時間がたつと、選択した商品が自販機から出てくる。

動画版

YouTubeにアップロードするのが一番早かったので、YouTubeに。

思ったこと

スマホで操作してから自販機から出てくる時間差を考えると、おそらくオンライン(インターネット経由)で動作する仕組みになっているのではないかと思う。詳しい仕組みの考察は行わないが、唯一言えるのは「日本だったらこんなリスキーなことはやらない」ではないだろうか。
ただ、「銀聯」という大きな仕組みがあるのも大きいのかもしれない(WeChat Payと銀行口座の接続は、おそらく銀聯が共通的に提供している)。

執筆者紹介

Thir

最新のガジェットを購入してはレビューする、を繰り返しています。このブログでは、ガジェットの紹介のほか、各種サーバーやスマートホームの構築などを提供しています。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。(プロフィール