マスクや消毒グッズ・パルスオキシメーター等を最も早く輸入できる中華通販サイトはどこか? ――たぶん、BangGood

2020年5月11日デジタル文化海外通販(Aliexpress等), 中国

 

今回、おそらく多くの方がAliexpressでマスクや消毒グッズを購入しようと殺到したのではないかと思う。実際、そこまで高い金額ではなくマスクは販売されていた。
しかし、運送業者を指定した方や運が良かった方を除き、実は届いていない方が多いのではないあろうか。というのも、下記に記載した事情もあり、Aliexpressからの発送はかなり遅れている。

しかしマスクも消毒グッズもパルスオキシメーターも体温計も、日本ではすでに在庫が枯渇しているのだ。Amazonや楽天でもほとんど販売されていない。
しかし中華通販サイトでは売られている。
中国で販売されているマスクを迅速に輸入することはできないのだろうか? いや、そんなことはないのである。

BanggoodやGearbestは、日本特別便を用意、その黒子は国際輸送会社「OCS」

GearbestBangGoodは、「Priority lane」(Gearbest)と呼ばれる日本専用便を用意している。

この日本専用便がどのように運営されているかというと、日本宛の貨物がある程度集まった段階で、OCSというANAのグループ会社が日本への輸入処理を行い、その後は佐川急便が日本国内では発送を担当する形になっている。
各通販会社とOCSがどのような契約をしているのか定かではないが、OCSのサイトを見る限り、少なくとも荷物がスタックするようなことは発生していない。

マスク・衛生用品・体温計・ならBanggoodがオススメ

意外と大々的に行われている。ただ、見た感じGearbestで販売されているマスクは、Japan Direct便(OCSを利用した日本直通発送)には対応していないものが多かった。

一方、Banggodは、比較的品揃えが良い。例えば……

その他、手をかざすと自動的にアルコールを噴霧してくれる機械等も販売中だ。

そして何よりも、大半の製品について日本ダイレクト便に対応をしている。従って、送料も多くかかることはない。

(注意)5月現在、BangGoodのマスクが日本に発送できなくなっている。本点については、BangGoodに確認中である。

ちなみに、BangGoodの使用法は以下のページにて扱っているため、確認をいただきたい。


執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。