Banggoodを利用して商品を購入する方法: 最新デジモノ・中華スマホが安い!【2019年最新版】

デジタルガジェット, 海外輸入海外通販(Aliexpress等), 中国

最近、Amazondで購入出来るものが実はBanggoodという中国のサイトで購入すると大変に安い、ということが多い。
詳細は彼らのWebサイトを閲覧していただくことが早いのだが、ドローンやXiaomiやOne plusなどの高機能スマホ、One Mix 2S等のキワモノなWindows端末など、デジモノが大好きな人間であれば一度はbanggoodを検討したことがあるはずである。

しかし、海外での購入に関して、まだまだ敷居が高いというのは事実。今回は、Banggoodの利用方法を簡単に説明することにしたい。

そもそもbanggoodとは

banggoodとは、中国で運営されているECサイト。とくに中華ガジェットに強く、以下のようなものが販売されている。

挙げだしたら切りが無いのだが、ようは中国発のデジモノを一括して購入出来るのだ。送料も抑えられており、利便性は非常に高い。当方も何度か利用したことがあるのだが、発送も日本向けには非常に早くなっている(概ね1週間程度で到着する)。

Banggoodアカウントの登録

まず、banggoodのトップページを開こう。

Online Shopping for Cool Gadgets, RC Quadcopter, 3D Printer at Banggood
Online Shopping China the best bang for your buck, provides cool electronics gadgets, toys, cell phones, vr headset, 3d printer, tv box, home decor, apparel at great prices.

トップページを表示すると、下記のような「日本語に翻訳しますか?」のダイアログが表示される。

ただし、この翻訳はGoogle翻訳を使ったもので、若干「怪しい」。従って、今回は標準の英語UIを用いて登録をすすめていく。

まず、サイトの上部にある人のロゴをクリックし、「Join」を選択する。

アカウント情報の入力

次の画面では、アカウント情報を入力しよう。

上から、メールアドレス・パスワード・パスワード(もう一度)、そして右側に表示されているアルファベットを「Verification Code」に入力し、最後に一番下のチェックボックスをチェックして「Create your Account」をクリックすれば、アカウントの登録は完了である。

なお、このあとbanggoodより、「Welcome to Banggood.com」というメールがやってくるはずだ。
ここに、小さく「Verify your Email Address」というボタンがあるので、こちらをクリックしておこう。これで、正式にアカウントが発行される。

住所の登録

続いて、住所をあらかじめ登録する。

トップページにある人間マークをクリックし、「My Account」へと進む。

下の方にスクロールすると、左側のバーに「Address Book」という部分があるので、こちらを選択しよう。

そうすると、Add a new shipping addressという画面が表示されるので、ここをクリック。
次の通りに入力すれば問題ない。

また、「Set as Default shipping address」にチェックをしておけば、デフォルトでこの住所が適用される。

日本円で表示されるように設定する

細かな設定ではあるが、請求が日本円で行われるため便利。
一番上の欄で、「Shipping to JAPAN, JPY」を選択しておこう。

実際にbanggood購入してみる

欲しい商品をカートに入れたら、次のようなカート投入完了の画面が表示される。

支払〜発送

とくにほかに欲しいものがないようであれば、「View Cart & Checkout」へと進もう。なお、カートへは、上段右側にあるカートボタンからいつでも確認できる。

その後、カート画面へ進むと、ふたつの選択肢が提示される。ひとつは、PayPalを使用する方法、もうひとつはクレジットカードを使用する方法だ。PayPalを持っているのであれば前者のほうが便利であるが、ここは後者を選択してみる。

banggoodの送料

banggoodでは、複数の送料オプションを用意している。それぞれの違いは下記の通りだ。

名称 発送日数の目安 発送方法
Japan Direct Mail 3-9営業日 OCSという業者が一括して日本へ発送、日本では佐川急便が発送
Air Parcel Register 7-20営業日 日本でいう「国際eパケット」
EMS Express Mail Service 7-15営業日 EMS
Expedited Shipping Service 5-8営業日 DHL

基本的には、「Japan Direct Mail」を選択するのが安さとスピードのバランスが取れる。
送料は発送するものにもよるが、概ね200円〜600円に設定されているようだ。少量だと安いというわけではなく、たくさん買い物をするとなぜか送料がさがったりする。

なお、送料表示のしたに「Add Shipping Insurance to your order」というものが表示されているが、よっぽど高額なものを購入しない限りは不要。また、PayPalを利用するのであれば、PayPalの補填が効くため、なおさら不要である。

カード情報の入力

あとは支払方法の入力。先述のとおり、今回はクレジットカードを利用してみる。
少し待たされた後、クレジットカードの入力画面が表示されるので、ここにカード番号を入力。

「Place your Order」を押せば、注文は完了だ。

荷物の追跡

荷物の追跡は、「Japan Direct Line」を設定した場合には若干厄介である。というのも、1track等の有名サービスではなかなかトラッキングが出来ないためである。
Banggoodのマイページから、発送状況を逐一確認しておこう。

以上で、banggoodでの買い物を行うことができる。Amazonよりも安く手に入ることが多いため、安いものを購入する際にはオススメ。また、商品をみているだけでも楽しいかも知れない。

Online Shopping for Cool Gadgets, RC Quadcopter, 3D Printer at Banggood
Online Shopping China the best bang for your buck, provides cool electronics gadgets, toys, cell phones, vr headset, 3d printer, tv box, home decor, apparel at great prices.
執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。