デジタル文化

なんとびっくり、アリペイへの登録が日本のクレジットカードでも可能となった。これまでは一生懸命頑張って中国の現地口座を取得しなければ、アリペイやWeChat Payを使うことが出来なかったのに対して、「外国人の不便を解消し、キャッシュレス決済 ...

深セン

これまで当ブログオススメの深センへの行き方は、香港国際空港からフェリーで蛇口まで移動をするか、香港国際空港から一度香港へ入り、上水駅ないし羅湖駅までMTRで移動をする方法であった。しかし2018年に深センと香港の間には中国版の新幹線である高 ...

デジタル文化, 中国ネタ・旅行

上海のリニアや地下鉄では、「Metro大都会」というアプリを通じて、QRコードで改札を通ることができるようになっている。 しかし今回、ApplePayでの支払いにも対応したとのこと。しかもSuicaとほとんど同じような方法で対応が出来ると言 ...

深セン

深センへの行き方はいくつか存在しているが、香港を経由するのがメジャーな行き方。 一方で、深セン航空という航空会社が、成田と深センを結ぶ直行便を飛ばしている。この直行便に一度乗ってみたいと思っていたのだが、予想以上にゴールデンウィークのチケッ ...

深セン

今日は深センの空港「深セン宝安空港」(深圳宝安机场 Shenzhen Baoan Jichang)をご紹介したい。以下の記事で記載しているとおり、成田からは直行便が一日一便就航されているが、利用した事例をあまり見聞きしていなかったので、写真 ...

金盾対策

世界中で使えるバーチャルSIM「AirSIM」を試す AirSIMは、世界中で使用することのできるバーチャルSIM(クラウドSIMとかeSIMと呼ばれることもある)である。 バーチャルSIMとは、SIMカードが本来有している加入者情報などが ...

サーバー構築, 金盾対策

例えば80番や443番などしか通過させないようなプロキシが強制的に導入されている環境(たとえば会社や公衆無線LANサービス)では、通常のようにVPN接続を行うことが出来ない。 よく使われる方法は、softetherを用いる方法である。ただ、 ...

金盾対策

先日、UbuntuにOpenVPNを入れてみたが、入っているバージョンはかなり古いもので、なんと2.3.10であった。 # openvpn --version OpenVPN 2.3.10 x86_64-pc-linux-gnu built ...

金盾対策

これまでStrongswanを使用して、IKEv2やIPsecに対応したVPNサーバーを構築してきたのだが、OpenVPNサーバーはどんな感じなんだろうとおもってインストールしてみた。 OpenVPNをパッケージからインストール これは非常 ...

金盾対策

中国の「金盾」を超える方法として、今回自宅のサーバーに以下の手法を取り入れてみた。 VPN接続(IKEv2) VPN接続(IPSec) ShadowsocksR(SOCKSプロキシ) 今回は、これらの環境別にどの程度の速度が出るのかを検証し ...

金盾対策

中国では「金盾」によりTwitterやGoogleへのアクセスが禁止されている。これを回避するために、よく香港SIMの利用やVPNサービスの利用が謳われていたが、最近は「Shadowsocks」「ShadowsocksR」という、Socks ...