WF-1000XM3に最適なイヤーピースはコンプライの「TSX-200」。「TG-200」も使えるけれど。

ガジェット/アプリイヤホン, WF-1000XM3

最近、ソニーから販売されたノイズキャンセリング搭載の完全分離型イヤホン「WF-1000XM3」を購入した。

もともとは首かけ型の「WI-1000X」を使っていた。その前に使っていたのは、BOSEの「Quiet Control 30」で、QC30を使って以降ノイズキャンセリングが欠かせなくなってしまった。ずっと愛用していたが、ある日「WI-1000X」を使ってみたところ、QC30と比較してWI-1000Xの音のクリアさ・シャープさが際立っていたので、購入を決めたのである。

完全分離イヤホンが流行したときにも、「ノイズキャンセリング機能が入ったら買う」と決めていた。その中で、ソニーから完全ワイヤレスのフラグシップモデルとして「WF-1000XM3」が発表されたため、慌てて購入したというわけである。

WF-1000XM3にコンプライをおすすめする理由

コンプライとは、いわゆるサードーパーティーとしてイヤーチップを販売している会社であり、そのブランドである。なぜ純正のイヤーチップを使わず、WF-1000XM3でコンプライを使うほうがよいのか。理由は主に以下の2つからだ。

コンプライにすることで、イヤーチップが耳から抜けづらくなる

完全分離イヤホンで一番怖いのは、耳からぽろっとイヤホンが抜け落ちてしまい、紛失してしまうこと。これを避けるためには、耳から抜けない程度にスッポリとイヤホンが入り込む必要がある。
ただし難しいのは、耳を圧迫しすぎると今度は耳が痛くなってしまう点である。

この点、コンプライは長年の経験を生かし、「耳には抜群にフィットするが、圧迫しすぎて痛めることはない」というギリギリの線を攻めている。

防音性能が向上する

そして何よりも重要なのは、防音性能が向上する点である。

耳にピッタリとイヤーチップが張り付くということは、それだけ耳に余計な音が入りづらくなることを指す。ダイレクトにイヤーチップが張り付くことによって、イヤホンから出力される音楽に集中できる(それ以外のノイズが耳に入ってくることが物理的になくなる)ほか、本機のようにノイズキャンセリング機能が搭載されている場合、その性能を最大限に発揮することができる。

従って、WF-1000XM3を購入したらコンプライをつけることをオススメしたい。コンプライは、完全分離型に適している「TG-200」を最適な製品であると主張しているが、入手しやすい「TSX-200」も十分に使用可能である。

TG-200の優位性

完全分離型イヤホンは、その形状と充電ケースに収納することから、ステム部分(耳に入る部分とドライバ部分を繋ぐ部分)を中心としてをなるべく短くする必要がある。というのも、あまりにこの部分が長すぎるとケースに収納することが出来なくなってしまうためである。

TG-200は完全分離イヤホン用に作られたコンプライの製品であり、このステム部分が非常に短い。従って、ケースと干渉することもなく、耳にも快適につけることができる。

しかし、このTG-200、まずもって入手性が非常に悪い。Amazonでもたまに売り切れていることがあるほか、実店舗ではヨドバシカメラを含めてあまり見かけることがない。さらに言えば、TG-200は少し短かすぎるようで、耳へのフィット感があまりよろしくない。そこで、最悪ステム部分をハサミでカットする覚悟もきめ、定番商品である「TSX-200」も装着してみることとした。

WF-1000XM3とTSX-200はバッチリ適合する

結論としては、TSX-200でもバッチリフィットし、充電に干渉することもない。

TSX-200が素晴らしいのは、アジアンフィットとしてアジア人の(欧米人と比較すれば)小さな耳にも抜群にフィットする点である。私はそこまで耳の穴が大きくないのだが、このTSX-200はMサイズでちょうど耳の中に痛くない範囲で膨らんでくれ、遮音性もフィット感も抜群に機能してくれる。

ケースに入れたときにも、蓋が閉まりづらくなることはなく、きちんとしまってくれる。中には「閉まりづらい」というレビューも散見されるが、少なくとも蓋が勝手に開いてしまうことはない。

TSX-200を使って安全に綺麗な音・ノイズキャンセリングを得よう

私の耳はそこまでよいわけではないので音質に関するコメントは控えるが、WF-1000XM3にTSX-200をつけると、標準のイヤーチップよりも密閉感が増し、イヤホンがとれづらくなるほか、音に関しても低音から高音までバランスよく綺麗に耳に入ってくるようになり、非常に心地よい。また、当然ながら密閉感が増すことでノイズキャンセリング性能もダイレクトに味わうことができる。体感では、WI-1000XM3と同じくらいのノイズキャンセリング性能が出ているのではないか。

イヤホンの性能は、そのイヤーピースによっても大きく変わってくる。ソニーが標準でつけているイヤーチップも悪いものではないのだが、コンプライの独特の遮蔽性能をあじわうと、元には戻れなくなってくる。ドライバー部分が大きくいつ落としてしまうかヒヤヒヤしてしまうWF-100XM3だからこそ、この「取れづらい」という性能も重要だ。イヤーピースごときに1,500円も支払うのはすこしやりすぎなように見えるが、商品の性能を最大限に引き出すことができるので、 是非購入いただきたい。

執筆者紹介

Thir

購入したガジェットの紹介やサーバーの構築方法、スマートホーム化等、そのときハマっていたもののメモ書き・趣味の備忘録ではありますが、お役に立つ情報があれば幸いです。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。サイト紹介・プロフィールはこちら。依頼・お問い合わせはこちらから。