macOS High SierraのISOファイルをMacから作成する

MacMac, high sierra

いろいろな事情で、macOS High SierraのISOファイルを作成したい場合があると思う。

実はこれ、手元にMacがあるようであれば、かなり簡単に行なう事が可能である。ということで、今回はその紹介を行うこととしたい。

手元に用意するものは何もない。しいていえば、Macとネットワーク環境くらい。

私はMacを持っているので、次の手順で実施した。

High Sierraのインストールパッケージをダウンロードする

まず、App StoreからHigh Sierraをダウンロードする。これは、誰でも無料で手に入れることが可能だ。

highsi

私はすでにダウンロードしたあとだったので「開く」になっているが、ダウンロードがまだであればここからダウンロードが可能。

しかし、ここでダウンロードしたものはあくまでもインストール用の実行ファイル。ここから、MacOSをインストールするためのISOファイルを作成しなくてはならない。

といっても、先人達が行っていることをなぞれば良いだけ。

ISOディスクを作成する

まず、空のディスクを作成する。

hdiutil create -o /tmp/HighSierra.cdr -size 7316m -layout SPUD -fs HFS+J

そして、これをマウント。

hdiutil attach /tmp/HighSierra.cdr.dmg -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/install_build

“BaseSystem.img”という、MacOSのベースシステムが含まれているイメージを、先ほどマウントしたものにコピーする。

asr restore -source /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/SharedSupport/BaseSystem.dmg -target /Volumes/install_build -noprompt -noverify -erase

その後、ディスクをアンマウント。ちなみに、この時点で先ほどのマウントポイントの名称が「OS X Base System」に名前が変わっている。

hdiutil detach /Volumes/OS\ X\ Base\ System

最後に、こいつをimgファイルからisoに変換する。

hdiutil convert /tmp/HighSierra.cdr.dmg -format UDTO -o /tmp/HighSierra.iso

これで、/tmp/HighSierra.isoに、HighSierra.isoという形で、HighSierraのisoを作成することが出来た。

もちろん、このISOはBootable(起動可能)。従って、古いMacにインストールしたり、ごにょごにょする際に利用することが可能だ。

執筆者紹介

Thir

最新のガジェットを購入してはレビューする、を繰り返しています。このブログでは、ガジェットの紹介のほか、各種サーバーやスマートホームの構築などを提供しています。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。(プロフィール