Xiaomi商品(Mi4, Mi Note etc)を日本で?購入するときはOppoMartがおすすめ

Aliexpress5月12日に「Mi Note Pro」が発売されることとなった。日本で最もXiaomiを愛するものとして当然購入しなくてはならないのだが、今回はXiaomi(小米)商品を海外から簡単に・安全に・安く購入する方法を伝授しよう。


Xiaomi商品の国内価格は?

まず、国内での価格を見ておかないことには、話は始まらない。ざっくり、こんな感じである。

上はXiaomiのフラグシップ機、Xiaomi Mi4のLTE版。下は1月頃に発表となった、Redmi2というスマートフォン。これらを、海外から輸入すると、だいたいどれくらいの価格になるだろうか。

オススメは、oppomart

実のところ、価格が安いのは断然 Aliexpressである。しかしよく読まないと偽物を掴まされる可能性が非常に高い。その点、oppomartという業者は、私も何度か使用したことがあるが、対応も丁寧であるし、偽物を送ってくるなどということもない。

また、PayPalを使用することが出来る点が、非常に重要である。というのも、何かトラブルが発生した時には、PayPalが間に入ってくれるため、商品の返品や返金の手続きが行いやすい(だから、利用するときはPaypalを用いて支払うようにしよう)。

販売価格を先の国内価格と見比べてみてみよう。国内については、送料が別途必要であるが、Oppomartは送料込み。

 国内OppoMart
mi4 LTE¥45,560$329
(¥39,405)

Redmi 2¥19,500$139
(¥16,648)

……正直、金額でみてみると、国内の代行業者から購入した場合もXiaomi商品の場合大差は無い。それもそうだ。Xiaomiというのは、実は公式のオンラインショップでしかビジネスを行っておらず、売られているものは基本的に転売品なのである。だから、仕入れ先によって極端に値段が変わるということがあまり起こらない……。

中国通販に慣れてきたら、gearbestなりAliexpressなりBanggoodを使用しても問題ないと思うが、まずは、OppoMart等ある程度実績のある店での購入をオススメする。

※ちなみに、国内の代行業者から購入する場合、赤札天国が驚異的に安いことが多い。今回のRedmi2についても、¥17,480と破格的安さである。どのような仕入れルートを持っているのか、不思議でならない……。

Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です