電子タバコ(VAPE)用リキッドを格安でニコチン入りにする

2017年11月28日ガジェットガジェット, 電子タバコ

HeavenGifts リキッド
電子タバコといえば、昔は海外から本体もリキッド(e-Juiceとも言われていた)も輸入してマニアックな人間が使う代物であった。しかし、最近は楽天やポンパレモール、さらにはAmazonや渋谷等のリアル店舗でも電子タバコが販売されている(さらに、最近は「VAPE」と称されることが多い)。
紙巻きタバコを吸っている方がお金やかっこよさ、健康を気にして電子タバコ(VAPE)ヘと移行しようとする例も増えている。しかしその中では、ひとつだけ残念な点がある。それは、 日本国内では、ニコチン入りのリキッド(電子タバコ用の液体。これが蒸気となって吸入される)が販売されていない ことである。つまり、 ニコチン入りのリキッドを買うためには、海外から輸入するしかない。
しかし、海外での通販は高く危なく面倒という印象があるだろう。そこで、今回はニコチンのリキッドを買う、一番安く簡単な方法を記載することにしよう。

ニコチン入りのリキッドは「海外からの輸入」。だから、送料が高い。

国内でニコチン0mg(=ニコチン含有なし)として売られているリキッドのニコチン入り版を購入しようとすると、リキッド30ml 2,500円+送料5,000円程度を取られてしまうことが多い[^1]。たとえば、最近人気のリキッド「NICOTICKET Wakonda」のノンニコチン版は、30mlで送料200円程度で手に入るのに対し、ニコチン入り版はアメリカからの輸入となり送料が2,980円もかかってしまう。これは、販売店ではなくNicoticket本体から購入を試みる場合も同様である。

ニコチン入りのリキッドを購入するたびに3,000円もの送料がかかるのは避けたいし、一方で大量に購入しておくのは劣化の問題もあり避けたい。では、どうすれば良いだろうか。

「味のしないニコチン入りリキッド」を安く購入することで解決

答えを先に言ってしまおう。味のしない(no flavor)ニコチン入りリキッドで、ニコチンが高濃度であるものを安く大量に購入し、お手元のノンニコチン版に少しだけ混ぜるのが、ニコチン入りリキッドを最も安く購入するコツである。

昔から有名なサイト「Heaven Gift」で購入することが可能。ズバリ、商品ページはこれだ。

Heaven Giftでの購入方法

  1. 上記「strength」から「50mg/ml」を選択し、VG/PGをお好みで選択しよう。「ちょっとだけ混ぜて使う」という性質上、味を邪魔しないPGがオススメである。
  2. 「Add to Cart」を押して、カートへ入れよう。
  3. 左上にある「Shopping Cart」ボタンを押そう。このアイコンが目印。
    shoppingcart
  4. Shopping Cartが表示されたら、そのまま「Check Out」をクリックしよう。一回限りの購入ということであれば、「Order as an anonymous」(会員登録せずに購入する:緑色の「Login」の左側に、見づらいが大きなボタンとして存在している)で問題ない
  5. あとは、住所・発送方法・決済方法を選択すれば、注文が出来る。

住所の入力について

英語での住所入力は面倒だが、入力規則は簡単だ。次のような形とすれば良い。
addresses
この例は、「100-0000 東京都千代田区南町1-99-9-401」に在住する「日本太郎」さんの例だ。電話番号は、冒頭の0を消して、かわりに81を付けることを忘れずに。
(「09055553333」なら、「819055553333」となる)

発送方法について、

現在、リキッドの発送はNetherlands Postしか使用することが出来ないので、これを選択しなければ運営者から怒られるので注意。
shipping
Netherlands Post(NL POST)は、中国から一度オランダまで発送されたあと、オランダから日本へ来る・・・・・・という長旅をするため、到着まで10日間は覚悟しなくてはならない。昔はEMSも使えたのだが・・・・・・。

リキッドが到着したら

一番困るのは、「どのくらいの量を入れたら良いの?」という点であろう。
これにたいする回答は、正直存在しない。世の中では、紙巻きタバコ(リアタバ)のニコチン・タールと電子タバコ(VAPE)のニコチン・タールの換算表が出回っているが、正直当てにすることは出来ない。
今使っているリキッドに少しずつこのリキッドを追加してみて、ちょうど良い量を自分で発見することが必要であろう。