金盾対策

世界中で使えるバーチャルSIM「AirSIM」を試す AirSIMは、世界中で使用することのできるバーチャルSIM(クラウドSIMとかeSIMと呼ばれることもある)である。 バーチャルSIMとは、SIMカードが本来有している加入者情報などが ...

サーバー構築, 金盾対策

例えば80番や443番などしか通過させないようなプロキシが強制的に導入されている環境(たとえば会社や公衆無線LANサービス)では、通常のようにVPN接続を行うことが出来ない。 よく使われる方法は、softetherを用いる方法である。ただ、 ...

金盾対策

先日、UbuntuにOpenVPNを入れてみたが、入っているバージョンはかなり古いもので、なんと2.3.10であった。 # openvpn --version OpenVPN 2.3.10 x86_64-pc-linux-gnu built ...

金盾対策

これまでStrongswanを使用して、IKEv2やIPsecに対応したVPNサーバーを構築してきたのだが、OpenVPNサーバーはどんな感じなんだろうとおもってインストールしてみた。 OpenVPNをパッケージからインストール これは非常 ...

金盾対策

中国の「金盾」を超える方法として、今回自宅のサーバーに以下の手法を取り入れてみた。 VPN接続(IKEv2) VPN接続(IPSec) ShadowsocksR(SOCKSプロキシ) 今回は、これらの環境別にどの程度の速度が出るのかを検証し ...

金盾対策

中国では「金盾」によりTwitterやGoogleへのアクセスが禁止されている。これを回避するために、よく香港SIMの利用やVPNサービスの利用が謳われていたが、最近は「Shadowsocks」「ShadowsocksR」という、Socks ...

デジタル文化, 金盾対策

中国聯通(チャイナユニコム)の中国本土版は、専用のスマホアプリを用いてプランの変更やデータパックへの加入などを行うことが出来る。今回はその方法を解説することにしたい。 SIMカードの契約 下記を参照あれ。 専用スマホアプリのダウンロード こ ...

デジタル文化, 金盾対策

中国で流行しているQRコード決済「アリペイ」「WeChatPay」。これらを利用するためには、中国現地の様々なインフラに登録しなくてはならない。今回はその中でも、一番最初に必要となる中国のSIMカードを契約する方法を解説していくこととする。 ...

金盾対策

2017年にサイトのリニューアルが行われたようであり、今回はリニューアルに対応したものに記事を変更した(18年1月5日)。 China Unicom HKのSIMカードは、「跨境王」をはじめとして継続的に使用した方がオトクなものが多い。そし ...

金盾対策

中国・香港を旅行する者が誰でも愛するSIMカード、それが「越境王(跨境王)」。このたび、越境王(跨境王)は「加強版」としてリニューアルされた。引き続き長期旅行にはオススメの本SIMカードを紹介していく。 「越境王(跨境王) 加強版」の魅力 ...

金盾対策

  以前の記事にて、中国旅行へオススメなSIMカードを紹介していたが、一つだけワナが存在している。それは、このSIMカードはiPhone等のグローバル端末でしか使用出来ない点である。というのも、紹介していたチャイナモバイルは、TD ...