Ubuntu 16.04で再起動なしに固定IPを変更する(interfaces/networking利用)

2018年7月8日Linux・Ubuntu TipsUbuntu

networking
Ubuntu 16.04の環境で、/etc/network/interfacesをいじった後にifdown &ifupでは固定IPを変更することが出来なかった。その方法を見つけたのでご紹介。

Network Managerではなく

私の場合、ubuntu 16.04をインストールすると標準でくっついてくるNetworkManagerの利用を控えている。
こちらに関しては、以下の設定をご参照あれ。

Ubuntuで固定IP運用 - Qiita
#目的古いMacbook(Early2008)で無線LANと有線LANをブリッジさせてMacbookをアクセスポイント化するための下準備.調べたところ有線と無線を同時に使うためにはNetworkManagerは切る必要があり、...

interface編集→ifdown && ifupでは固定IPを変更できない

/etc/network/interfacesを編集したあとにnetworking serviceをrestartし、ifdown && ifupする……これがinterfacesを編集したあとに変更を反映するためのセオリーだったのが、ubuntu 16.04ではうまく反映されなかった。

以下の方法をとることで、無事反映出来ることを確認したので、メモがてら記載。

# ip addr flush <インターフェイス名>
## systemctl restart networking.service

なんだこのコマンド知らねえよ感が満載であったのだが、これで再起動なしに無事interfacesに記載した内容が反映された。