owncloudの「index.php」を消去する

2018年7月9日Linux・Ubuntu TipsLinux, owncloud, Apache

owncloudでは、デフォルトのアドレスに「index.php」が、WebDAVでの共有を行うときには「remote.php」がURLに含まれている。

が、これらはちょっとダサいし、いろいろな設定をする際に障害になることがある。今回はこれらを削除する方法を紹介。

「index.php」の削除

これらは、OwncloudのURLにそのまま利用されている。

owncloud-indexphp

このうち、”index.php”の部分を削除する

config.phpの修正

config.phpに、下記のコードを挿入する。

'htaccess.RewriteBase' => '/'

その後、上記の設定を反映させるために、Apacheの実行ユーザーで本設定を反映させる(www-dataとなっている部分は、Apacheの実行権限に変更すること)。

sudo -u www-data php occ maintenance:update:htaccess

これで、各ファイルの「index.php」はURLに表示されなくなる。

執筆者紹介

Thir

最新のガジェットを購入してはレビューする、を繰り返しています。このブログでは、ガジェットの紹介のほか、各種サーバーやスマートホームの構築などを提供しています。最近はYouTubeでもレビュー動画やVlogをあげています。(プロフィール