Google Chromeのリモートデスクトップを使ってLinux(Ubuntu)にリモートアクセス

2018年7月9日Linux・Ubuntu TipsLinux, Ubuntu, リモートデスクトップ, Chrome

Chrome リモートデスクトップは、簡単にインストールができるリモートデスクトップソフトウェアで、とくにNAT超えなども意識せずに使用することが出来る。しかしながら、Ubuntu等のLinuxで使用すると、ちょっと設定に苦難したり、普段使用しているUnityがGNOME等が表示されず、壁紙だけしか表示されない場合がある。その解消法をご紹介。

Google Chrome デスクトップをLinux(Ubuntu)にインストールする

これは非常に簡単。以下の要領でインストールすることが出来る。

UbuntuからGoogle Chromeのサイトにアクセスすると、Ubuntu用のパッケージをダウンロードすることが出来る。

パソコン版 Chrome
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

ここからChromeをダウンロードし、依存関係をクリアしたあとインストールをする

$ sudo apt-get install libappindicator1
$ sudo dpkg -i [ダウンロードしたファイル].debb

これで、UbuntuにChromeがインストール出来た。UnityやGNOMEからChromeを起動することが出来るようになっているはず。

Google Chrome リモートデスクトップをインストールする

Chromeで以下のURLにアクセスし、「Chromeに追加」をクリック。これで終わり。

Chrome リモート デスクトップ
このパソコンから他のパソコンに、または他のパソコンからこのパソコンに、インターネットを経由して安全にアクセスできるようになります。

Chrome リモートデスクトップを起動する 

Google Chromeの左側にある「アプリ」ボタンをクリック。

chrome-app-list

その後、アプリの一覧が表示されるので、なかにある「Chrome リモート デスクトップ」をクリック。

chrome-desktop-menu

そうすると、Chrome リモートデスクトップの画面が起動する。

chrome-desktop-launch-w637

ただし、これではこの端末に他の端末からアクセスすることが出来ない。そのため、ホストファイルをインストールする必要がある。

ホストファイルのインストール

ほとんどGoogleの公式ページに記載されている案内に従えばOK。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする - パソコン - G...
Chrome リモート デスクトップを使うと、パソコンやモバイル端末からインターネット経由で、他のパソコンにあるファイルやアプリケーションにアク

「ステップ 2: ホスト コンポーネント用の Debian パッケージをインストールする」からパッケージをダウンロードし、dpkg -i等でインストール。これで、Chrome リモートデスクトップを用いてUbuntuにアクセスすることが出来る。

なお、依存関係が出まくるときは、apt-get install -f で依存関係を解決しながらインストール出来る。

トラブルシューティング

よくあるトラブルはふたつだ。

  • 普段使っている画面が表示されず、壁紙だけが表示されてしまう
  • 画面解像度がおかしい

それぞれ下記記事に対策方法を記載したので、ご確認あれ。

UbuntuでChrome Remoteデスクトップを使用すると、普段つかっているGUIが出ず壁紙...
Ubuntu DesktopでChrome Remote Desktopを使うと、バックグラウンド画面だけが出てしまって行き詰まってしまうことがある。具体的には、 背景画像だけが出
UbuntuでChrome Remote Desktopを行う際の解像度を変更する
UbuntuでChrome Remote Desktopを利用すると、デフォルトでは1920x1080となっており、回線状況によってはちょっと重たくなってしまう。その場合、以下の