「越境王(跨境王) 加強版」:中国長期旅行へオススメなチャイナユニコム(中国総通)のSIMカード

chinaunicom2

中国・香港を旅行する者が誰でも愛するSIMカード、それが「越境王(跨境王)」。このたび、越境王(跨境王)は「加強版」としてリニューアルされた。引き続き長期旅行にはオススメの本SIMカードを紹介していく。


「越境王(跨境王) 加強版」の魅力

簡単に言ってしまえば、本SIMカードは香港・中国・マカオ・台湾で使用出来るSIMカードである。中国・香港の2つの電話番号を取得することが出来、データ通信も定額で利用可能。チャージも簡単にでき、維持費も非常に安いため、中華圏に行く機会の多い方であれば持っていて損はないであろう。なお、チャイナユニコム(香港)の提供するSIMカードなので、W-CDMAに対応しているスマートフォン(=日本国内で流通しているdocomo・au全てのスマートフォン)を用いて通信が出来る。 なお、LTEには対応していないので注意が必要。

購入方法

日本からであれば、amazonで購入してしまうのが手っ取り早い。

アクティベーション(アクティベート)

購入したらまずSIMカードの有効化が必要だ。日本でもSIMカードをスマートフォンに挿入すればアクティベーションが完了してしまうが、たまにボーナスパケットがもらえることがあるため、出来れば現地で行う方が望ましい。

ちなみに、日本ではソフトバンクがローミング対象であるため、うまくいかない場合はネットワークオペレータをソフトバンクに固定すること。アクティベーションが完了すると、中国語・英語で香港・中国の電話番号と残高の書かれたSMSが送られてくる。送られてこない場合は、電話アプリから「*118*151#」ヘ電話すると手動でアクティベーションが可能。

データパックの契約

そのまま使用するとパケット定額に加入していないため、電話アプリで下記の番号にダイヤルすることで、パケット定額へ加入することが出来る。

プラン名価格電話番号
30日1GBプラン(中国・香港)118HKD*118*504#
7日300MBプラン48HKD*118*448#
30日500MBプラン68HKD*118*468#

なお、それぞれのプランは上限に達すると0.8HKD/MBの従量課金プランへ自動的に変更となる。その際、SMSでプラン終了のお知らせが来るため、再度契約を忘れないこと。
(契約は日数が来るか、指定の通信量を超えた段階で自動的に終了となる)

使用量の確認

現在の使用量や残高を確認したい場合は、*118*35#から確認が出来る。

端末の設定

ネットワーク

基本的に、ローミングをオンにしておけば接続先は自動的に設定される。設定が行われない場合、次のキャリア(ネットワークオペレータ)を指定するとうまくいく。

国名オペレータ
香港China Unicom (HK)
中国China Unicom
台湾FarEastTone
マカオ3
日本SoftBank

APN

APNは「3gnet」。

いかがだろうか。本SIMを使用すれば、安く中国・香港を回ることが可能だ。その上、トップアップ(チャージ)をインターネット上から行えば、何度でも使用することが出来る。一枚確保しておくのがオススメ。

短期旅行の場合は?

短期旅行の場合は、こちらの記事をごらんあれ。

 

Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です